DWG互換CADとは?

Posted on 2017.4.1 By

建築や機械、服飾関係の仕事に携わっている方なら誰でも知っている、DWG互換CADという言葉ですが、一般の人にはあまり馴染みがない言葉かもしれません。そもそもDWGやCADとは一体何の略でどういう意味を持っている言葉なのかという部分を当サイトで知っていただき、DWG互換CADという言葉を知らない方に少しでも興味を持っていただければ幸いです。

まず、DWGという言葉ですが、簡単に説明するとワードやエクセルなどといったファイルがあるかと思いますが、そのファイルの最後には「docx」や「xlsx」といった拡張子という文字が含まれています。この拡張子はそのファイルがどういうファイルなのかということを判別する為に必要な文字で、DWGという文字もこの拡張子の意味を指します。そして、このファイルを提供している会社がアメリカのオートデスク社という会社で、CADとは拡張子がDWGであるファイルのソフト名を意味しているのです。

このソフトは非常に優れているソフトで汎用性も高く、色々な場面で重宝されているソフトです。3DCGによる立体的な画面やアニメーションを作ることもできますし、建築関係で言えば、図面作成などに一般的に使用されています。

そして、このソフトデータを他社のソフトウェアで読み込む際に他のCADソフトが使用されていることも多く、DWG互換CADとはこの互換性が可能なソフトなのか?という意味です。今では無料の変換用ソフトウェアなどもインターネット上に出回っており、一般の人でも閲覧することができるソフトです。

未分類