CADの仕組み

Posted on 2017.4.4 By

みなさん、DWGやDXFといったファイル名のCADというソフトウェアをご存知でしょうか?専門的な知識が必要と言われるCADですが、今回はこのCADの基本的な仕組みをご紹介させていただきます。

CADとはパソコンを使用した設計方法であり、多くはその設計方法を具現化したシステムを意味しています。CADは基本的に図面作成などに関しては正確かつ容易に編集できる上にCADのソフトウェア間で互換性を持たせるなど、共通的な考えに基づいて作成されています。CADを大きく分類すると専用性と汎用性に分かれており、専用性は特定の分野に特化している為、可能な限り無駄を省いたソフトウェアです。逆に汎用性はオールマイティーな機能を持ち合わせているソフトウェアです。

CADを使用することで、人間ではミスが多かった作業もミスがなくなりかつ作業時間の効率が得られますので今では欠かせないソフトウェアとなっています。具体的にCADでできる作業として、設計したデータで正確な描画が可能となったり、人が手作業で行っていた簡易的なミスの防止、コンピューター化したことによる日々の作業の効率化などが挙げられ、このCADを導入するにあたって初期コストは非常にかかるのですが、長期間使用することや作業のミス防止など色々なことを考えると、CADを導入することは決して高くはないと言えます。逆にその初期コスト以上の効果を発揮できるソフトウェアですので、みなさんもぜひ導入をご検討してみてはいかがでしょうか?

PICK UP〔DWG互換CAD導入:ARES〕

未分類